本来、睡眠中は心身ともに回復する時間なはずですよね。

しかし何と、この時間に頭痛や肩こりなどの原因が作られている事があるのをご存じですか?

変な体勢で寝ること?

まぁそれもあるかもしれませんね。

でも一番メジャーなその「睡眠中の敵」の正体は、ズバリ歯ぎしりです。

周りに分かるほどのバリバリした歯ぎしりでなくても、カミカミ噛みしめるだけでも充分私たちにとってはストレスとなります。

これはみなさんにとっても想像に難くないと思いますが、特に首や肩、あご周りや頭周辺の組織には大きなストレスとなります。

加えてあごの歪み、さらには顔の歪みの原因ともなります。

にもかかわらず、自覚症状を持っている方がとても少ないのが、また歯ぎしりのやっかなところです。

歯医者さんで歯の減り方から「歯ぎしりをしているはずだ」と指摘されて、初めて自覚するという方も珍しくありません。

歯ぎしりまでいかなくても、歯を噛みしめながら眠っている方も含めれば、現代社会ではかなりのパーセンテージを占めているはずです。

特に慢性的な肩こり、首こり、頭痛に悩まされている方は、なかなかの確率で安らかな睡眠を得られていない事が多いのです。

精神的なストレスは歯ぎしりの原因となりますが、今すぐにあなたが出来る事もありますよ。

一日に何回か、ほっぺたを思いっきり膨らまして下さい。

ここには咬筋という物を噛む時に使う筋肉がありますが、ほっぺたを思いっきり膨らます事でストレッチできます。

簡単でしょう?

首や肩がつらい、頭痛が頻繁に起こるという方は、歯ぎしりや噛みしめの自覚がなくても試しにやってみられては?

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。