「膝に水がたまる」という言葉を、みなさんも一度は耳にした事があるかと思います。

ひょっとしたら身近にいる高齢者の方が「膝の水を抜きに病院に行った」なんて言うのを聞いた事があるかもしれません。

念のために言いますが、膝に実際に「水」がたまるわけではありません。

あれは滲出液という炎症物質です。

簡単に言えば、膝の関節の状態が良くないという体からのサインです。

膝に何かしら問題が起こっているからこそ、体の反応として滲出液がしみ出してくるのです。

整形外科ではよく「膝にたまった水を抜く」という事をしますが、もちろんそんな事をしても問題は解決しません。

あくまで膝のコンデションが悪い事が原因であって、水がたまる事はその結果に過ぎないからです。

実際に膝自体の状態を上げていけば、滲出液は自然に引いていきます。

整形外科からすれば、定期的に水が溜まってっくれたほうが商売としては良いのでしょうが、みなさんはみ「いいお客さん」になってはいけません。

溜まっては抜く、溜まっては抜くではキリがないし意味もありません。

膝に何か問題が起こってますよ、という体からのサインをしっかりと受け止めましょう。

注射をしたり、サポーターをしたり、サプリを飲む以外に、膝のために出来る事はたくさんあるのです。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。