例えば腰を痛める時などは、重い物持ち上げるような、明らかに腰に負荷がかかるような動作で痛めたというケースももちろんあります。

しかし何気ないちょっとした動きで痛めた、といケースも意外に多く存在します。

実はこの何気ない動き、というものが危なかったりするのですよ。

実は人間の脳は私たちが何かしらの動作をする前から、私たちの意識にはのぼらない領域で「準備」をしてくれています。

今までの経験から、その動作に最も相応しい動きをするためのサポートをしてくれるのです。

これをフィードフォワードといいます。

例えばエスカレーターに乗る時には、静止した階段とは全く違う動作や感覚が必要になりますが、私たちの脳はオートマチックにこの動作や感覚を導き出してくれます。

例を挙げれば、もしあなたが「止まったエスカーレター」を登る機会があれば、その時にはかなり奇妙なバランス感覚の乱れを感じるはずです。

脳はエスカレーター用の準備をしているにも関わらず、実際には動いていないためにギャップが生じるからです。

脳は私たちの意識とは別に、常に状況に合った準備をしているという証拠です。

つまり逆に言えば急な動きや、ふとした瞬間的な動きにはフィードフォワードが働かない、という事になります。

ちょっと物を取るために手を伸ばす、瞬間的な判断で足を使って扉を閉める、などの大きな負荷がかからないはずの動作で痛める事があるのは、この脳の準備の有無が関わっているのです。

だからみなさん、ちょっとした瞬間的な動きこそ気をつけましょう。

脳にサポートする時間の余裕を与えてあげましょう。

そうすれば、何でもない動作で痛める確率はかなり少なくなるでしょう。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。