「体のゆがみは万病のもと」とまでは言いませんが、歪んでいて得することは何もありません。体の歪みは筋骨格系の問題を生じるリスクを高めるだけではありません。

背骨は体支える柱であるだけではなく、脊髄の入れ物でもあります。人間の生命活動は全て神経を介して行われますので、背骨のゆがみによって体が本来持っている能力を充分に発揮できない状態に陥ります。

体のゆがみ

体のゆがみのタイプ

ここでは代表的な歪みのパターンを二つ挙げてみたいと思います。

体の前後のゆがみ

人間の背骨は横から見た時に、S字形のような湾曲があります。頚椎は前に、胸椎は後ろに、そして腰椎は再び前にカーブを描きます。下の図は通常の湾曲を持った背骨を描いています。

通常の脊柱
下の図のような背骨の形は俗に猫背と言われますが、私たちは胸椎の後湾が大きいと言います。現実にはこの図よりももっと丸い背中の方がたくさんいらっしゃいます。

この姿勢パターンでは通常よりも頭や腕は前に位置しています。これによって肩や首にかかるストレスは増大します。腰椎の前カーブも失われていますので、腰や椎間板にはよりストレスがかかります。

猫背

下の図では背中が丸い部分は上の図と同じですが、腰椎が急激に前にカーブを描いています。腰椎が前に湾曲している事自体は本来は良い事ですが、この姿勢パターンでは大きな胸椎のカーブの帳尻を合わせるために、腰椎は短い距離で前カーブを描かざるを得ないのです。もちろん腰椎や椎間板には大きなストレスがかかります。

脊柱の後湾+前湾

体の左右のゆがみ

体を正面や真後ろから見た時に、背骨はまっすぐであるに越した事はありません。下の図のように背骨が左右にねじれている方は実はたくさんいらっしゃいますが、自覚されている方はごくまれです。

歪みに対して神経質になり過ぎる必要ありませんが、健康な人生を生きる上では不必要なリスクであることに間違いはありません。

左右のゆがみ

ゆがみを整える事の価値

たとえ筋骨格系の問題を抱えておられない患者様であっても、体を定期的に調整することで疲れにくくなり、風邪をひきにくくなったりする事はよくあります。

これは私たちの体調が神経活動の質に左右されている事を示しているとも言えます。

例えば年配の患者様の中には「どこも痛くはないが、まっすぐに立てない」という主訴で来られる方もおられます。

実際にそのようなケースでは背骨はもはや「歪み」ではなく「変形」であり、体が前後だけでなく左右にねじれたり傾いたりしています。

このような方は痛みなどの症状が出なかったがゆえに、ご自身の歪みに気付き、整える機会もなかったのでしょう。もちろん、みなさんはそこまで待つ必要はありません。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。