実は腰痛と言っても痛みの構造、メカニズムは複数存在します。整形外科などで腰痛の患者様全般に配っている、ストレッチや体操の記された小冊子が多くの場合無効なのはそのためです。

患者様が自覚として「腰が痛い」と感じるケースであっても、実際には腰よりも下の骨盤の関節(仙腸関節)が痛みの原因となっているケースもあります。

腰痛

腰痛の原因

ここでは腰痛の原因となる要素をいくつか取り上げてみたいと思います。念のために言いますが、内臓の疾患などでも腰痛を生じる事があります。

この場合のサインとしては体の体勢や動きと、腰の痛みの間に因果関係がありません。例えば一番楽な体勢で横たわっていても、痛みが襲ってくるという場合は注意が必要です。

腰椎

背骨は24個の骨が連なって出来ていますが、腰の骨である腰椎は5個しかありません。このたった5個の骨で上半身と下半身をバランスよく繋ごうと、私たちの腰は日々頑張ってくれている訳です。

それを思えばたまに腰痛が出ても当然のような気がしますね。

ひとつの腰椎には左右上下に関節があります。この関節の状態が健全でなくなると、腰痛を生じる原因となります。

腰椎は理想的には、横から見ると前にゆるやかなカーブを描いています。体の左右のゆがみだけでなく、このカーブが描けなくなる事で腰椎の関節には大きなストレスがかかる事となります。

椎間板

椎間板には痛覚がありますので腰痛の原因となります。椎間板は背骨の骨と骨の間にはさまっているクッションのような構造物です。

私たちは重力の中で二足歩行していますから、基本的に椎間板には常にストレスがかかっています。

しかし全体としての腰椎のバランスに乱れが生じると、特定の椎間板により大きなストレスがかかる結果となります。このような環境にさらされ続けると椎間板は劣化し、問題を生じます。

筋肉

腰の周りにはたくさんの筋肉がありますが、皮膚の上から触れるような表層の大きな筋肉だけでなく、体の深層にある小さな筋肉も腰痛を生じる原因となります。

腰痛に限らず、私たちは何らかの痛みが出る時は体の後ろ側、つまり背中側に出るケースが多いですが、腰痛に関してはお腹側にある筋肉も原因となる事があります。

筋膜

筋膜はボディスーツのように体中を切れ目なく覆っています。ゆえに腰から離れたエリア、例えば首や肩、脚などの硬い筋膜が腰にも悪影響を与える力を持っています。

硬くなった筋膜は腰の関節の可動域すら制限する力を持っています。

筋膜は筋肉の栄養の循環にも関わっていますが、健全な状態であれば皮膚の上からでも触ればよく動くはずです。しかし腰痛をお持ちの方は、腰以外の筋膜にも問題が生じているケースが多いのです。

固有受容器

固有受容器は関節が空間の中でどの位置にあるのかを認識するために、脳に情報を送っているセンサーのようなものです。

固有受容器は体中にありますが、背骨の関節にはたくさん存在しています。腰椎の関節にある固有受容器の機能が低下すると、腰痛を発症しやすくなってしまいます。

椎間板にも固有受容器としての機能があるとも言われていますので、椎間板の劣化自体がさらに腰痛を発症しやすくなるという悪循環を招いてしまいます。

腰痛の治療法は?

腰は体の真ん中にあって上半身と下半身を繋いでいます。上と下がどれだけゆがんでいようと、腰は何とか帳尻を合わせて全体のバランスを整えようとしてくれます。

つまり「腰を痛めた」イコール「腰が悪い」ではなく、むしろ腰痛を発症した腰は被害者なのです。

腰だけを押したり揉んだりしても、腰痛が良くならないのはそのためです。腰を根本的に救うためには、腰へかかるストレスを増大させている体全体のゆがみを改善させていく必要があります。

もちろん腰の構造物自体にも問題は起こっていますので、腰周辺の筋肉や筋膜、腰椎の関節の状態も同時に改善させていく事も大切です。

加えて日常の姿勢や仕事時の作業姿勢、座り方なども改善させる必要があるでしょう。あなたが日常において姿勢や、体を意識的に使う習慣を持つ事が、固有受容器のトレーニングともなります。

整体院ブリーズでは正しい姿勢や今のあなたの状態に合ったストレッチなどもアドバイスさせて頂きます。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。