脚、足の痺れの原因はいくつか考えられますが、ここでは末梢神経由来のしびれを取り上げます。

整体や徒手療法が有効なのは末梢神経由来のしびれに限られますが、その場合は傾向としては痺れや痛み、感覚の異常が生じているエリアは限定的です。

例えば太ももの内側がしびれる、スネの外側がしびれる、ふくらはぎの後ろがしびれる、または足の親指側がしびれる、逆に小指側がしびれる、という具合にです。

脚全体がしびれる、足の指全てがしびれる、両足がしびれるという場合には注意が必要です。

脚、足のしびれ

足のしびれの原因

ここでは下肢のしびれの原因となるいくつかの要素を挙げてみたいと思います。

腰椎の関節

腰から下の感覚や運動を支配する神経の多くは腰の骨、腰椎の関節の両脇から出ています。神経はその後、様々な経路をたどって足の指先まで伸びて行きます。

腰椎自体の状態が悪くなると、近くにある神経にも悪影響を及ぼします。

神経は物理的なストレスを受けると、その神経の支配領域にある筋肉は弱化し、そのエリアに痛みやしびれ、または感覚が鈍くなる、などの変化を生じます。

椎間板

腰の骨、腰椎は5個ありますが、骨と骨の間には椎間板というクッションのような構造がはさまっています。

この椎間板の近くには神経が通っていますので、椎間板が膨らんだりはみ出したりすると神経に物理的なストレスをあたえる事があります。

この状態は椎間板ヘルニアとして知られています。

末梢神経の通り道

下肢を支配する神経は腰椎や仙骨の両脇から出た後、合流したり枝分かれしながら足先まで伸びていきます。

この過程で神経は筋肉と筋肉の間、筋肉と骨の間、筋肉と筋膜の間などの隙間を通って下降していきます。

この通り道のどこであっても神経が物理的ストレスを受ければ、しびれや痛み、筋力低下を生じる原因となります。

例えば梨状筋症候群では、坐骨神経の近くにある梨状筋や中殿筋が問題となります。

整形外科では足の痺れは安易に腰のせいにされますが、そうではないケースも少なくありません。

足のしびれの治療法は?

神経をストレスから開放する必要があります。そのためにはどの神経がどこでストレスを受けているのかをしっかりと把握しなければなりません。

そしてしびれの主な原因が腰ではなく末梢の神経の通り道にある場合であっても、腰椎をとりまく環境も同時に改善させた方が回復までの時間はより短くなる傾向があります。

腰椎そのものに原因がある場合は、もちろん腰椎の関節などの健全性を取り戻す必要があります。

それに加えて腰にかかるストレスを増大させている、体を全体として見た時のゆがみも整える必要があります。

日常での姿勢や体の使い方、座り方などを改善する事もとても重要な要素となります。整体院ブリーズでは施術だけでなく、そのような方面もアドバイスさせて頂きます。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。