腰椎や仙骨の両脇から出た神経は合流して坐骨神経となります。このとても太い神経はお尻の筋肉の下を下降していきますが、枝分かれしながら足の先まで伸びていきます。

どんな理由であれ坐骨神経が物理的なストレスにさらされると、末梢の支配領域に痛みやしびれなどの感覚異常や、筋力低下などの症状が現れます。

整形外科ではお尻の周囲や太ももの裏などに症状を訴えると「坐骨神経痛ですね」のひと言で片付けられてしまいます。

しかし膝から下に症状がない場合は坐骨神経痛ではありません。さらに言えば、もし本当に症状が坐骨神経由来であったとしても「坐骨神経痛」というのは状態であって疾患名ではありません。

つまり問題は「何が原因で坐骨神経痛が起こっているのか?」という部分なのです。

坐骨神経

坐骨神経痛の原因

坐骨神経に限らず、神経は物理的にストレスを受けると末梢に感覚の異常や筋力低下などの症状を呈します。

ここでは坐骨神経痛の原因となる要素をいくつか挙げてみます。

椎間板

腰椎や仙骨の両脇からでた神経が合流して坐骨神経を形作ります。しかしそれ以前の神経の根っこが、はみ出た椎間板によってストレスを受ける事でも、坐骨神経にそって症状が出ます。

この病態は一般的には椎間板ヘルニアとして知られています。

梨状筋症候群

基本的に坐骨神経は梨状筋という、お尻にある筋肉の下を通ります。ゆえにこの筋肉の状態次第では、隣り合う坐骨神経はストレスを受けることがあります。

例えば後ろに倒れてお尻を強く打撲した、という事でも梨状筋の炎症や治癒過程での癒着などが坐骨神経痛をひき起こす原因となります。

整形外科では椎間板ヘルニアと度々誤診されます。

中殿筋

中殿筋はお尻の筋肉ですが、梨状筋のように坐骨神経の上にあるわけではありません。しかし、この中殿筋も硬く、短くなれば坐骨神経にストレスをあたえる力を持っています。

梨状筋症候群と同じく、整形外科では椎間板ヘルニアと度々誤診されます。

股関節の問題

これは梨状筋や中殿筋の問題とも被りますが、股関節に何かしらの問題がある場合、周りの筋肉や筋膜は二次的に硬くなってきます。

それが坐骨神経にストレスをあたえる事があります。

上記の梨状筋や中殿筋とあえて別に記したのは、このケースではあくまで股関節自体に根本的な問題があるためです。

この場合は下肢長差、つまり右脚と左脚の長さが顕著に違うという傾向があります。

後大腿皮神経の絞扼

後大腿皮神経は坐骨神経の隣にある神経ですが、この神経由来の症状は坐骨神経痛とよく誤診されます。ゆえにあえてここに記す事にしました。

後大腿皮神経がストレスにさらされているケースでは、お尻の付け根から太ももの裏にかけて痛みやしびれ等の神経症状が現れます。

長時間の座位で坐骨付近が圧迫され続けることで症状が現れる傾向があります。

坐骨神経痛の治療法は?

当然ながらそれぞれのケースに応じた治療が必要です。整形外科では手術の適応ではないケースに関しては特に何もしてくれません。

痛み止めの薬や注射、腰の牽引、「様子を見ましょう」以上です。

しかし坐骨神経痛の原因になっている要素を取り除くことが正しい治療法です。

例えば椎間板の回復を早められる環境を作る。梨状筋や中殿筋の筋肉や筋膜の健全性を取り戻す。

股関節に問題がある場合は、当然ながら股関節自体にアプローチする必要があります。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。