腕の痺れ、手の痺れでお困りの方はたくさんいらっしゃいます。原因は多岐にわたりますが、脳や血管、血糖値の問題でもしびれを生じます。

整体、徒手療法で治療可能なのは末梢神経由来のしびれに限られます。

末梢神経由来のしびれは特徴として、しびれや痛みを生じている場所や範囲がある程度限られています。

例えば肩の外側がしびれる、前腕の外側がしびれる、あるいは親指と人差し指がしびれる、逆に小指側がしびれる、という具合にです。

広い範囲が痺れる、あるいは両手が痺れるようなケースではより注意が必要です。

手のしびれ

腕のしびれ、手のしびれの原因

頚椎の問題

腕や手の感覚や運動を支配する神経のほとんどは、頚椎の両脇から伸びています。

この神経の根っこは神経根といいますが、頚椎の形、状態によっては神経根に物理的にストレスをあたえる場合があります。

ストレスを受けた神経が末梢で支配している皮膚のエリアでは感覚に異常が現れ、時間の経過とともに筋肉は弱化していきます。

椎間板

頚椎は7個ありますが、骨と骨の間には椎間板というクッションのような構造物がはさまっています。(第一、第二頚椎の間は除く)

この椎間板のすぐ近くには神経根がありますので、椎間板が膨らんだりはみ出したりすれば、神経根に対して物理的ストレスをあたえる場合があります。

この状態は椎間板ヘルニアとして知れています。椎間板の劣化が原因となりますが、体の歪みや日常での不良姿勢によって、特定の椎間板へのストレスが増大する事で、劣化が進んでしまう結果となります。

筋肉や筋膜

神経根から先の神経は筋肉と筋肉の間、筋肉と筋膜の間などを通って、枝分かれしながら指先まで伸びていきます。

この通り道のどこであっても、神経がストレスを受けることでしびれや筋力低下を生じる原因となります。

胸郭出口症候群や手根管症候群などは部位や名称は異なりますが、特定の神経が特定の通り道でストレスを受けているという意味では理屈は同じです。

整形外科では手や腕の痺れは安易に頚椎のせいにされがちですが、実際にはそうでないケースの方が多いのです。

体のゆがみ

例えば背中が丸くなる、つまり俗に言う猫背の状態になるだけでも、神経の通り道は狭くなってストレスがかかります。

さらには日常的に猫背の状態が続くと、神経の通り道の上にある筋肉や筋膜も硬く短くなってきます。

例えば胸にある小胸筋などは、すぐ真下を神経が通っていますので、硬く短くなれば容易に神経に圧迫ストレスをあたえます。

腕の痺れ、手の痺れの治療法は?

まずしびれの原因をしっかりと特定、把握する必要があります。特に腕や手のしびれに関しては複数の問題が同居しているケースも珍しいことではありません。

つまり頚椎自体にも、末梢の神経の通り道にも問題がある、という具合にです。

それぞれの組織を良い状態に戻すだけでなく、体を全体として見た時の歪みも改善させる必要があるでしょう。

例えば横から背骨を見た時に、胸椎は通常は後ろにカーブ、頚椎は前にカーブを描いていますが、胸椎の湾曲の角度が強くなればなるほど、頚椎には大きなストレスがかかります。

腕や手の痺れを局所的な問題だけでなく、体全体の問題と捉えて施術する事で、回復までの時間をより短くすることが出来ます。もちろん日常での姿勢や座り方にも注意を払う必要があるでしょう。

加えて神経にストレスをあたえている筋肉があれば、日々のストレッチなども重要な要素となります。整体院ブリーズでは施術だけでなく、そのような方面もサポートさせて頂きます。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。

 

大阪市平野区の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4
東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。